×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

vライン 脱毛とヘアサイクル

脱毛の中でも、処理に悩むのがvライン 脱毛です。Vラインは、脇などと違い、定期的に処理をしている方、全くなにもしていない方、適当な長さにカットしている方、ビキニラインだけでなく、Iラインの処理もしているかたと、人によりいろいろです。
毛は「体毛」と言われ、全身に生えています。毛の成長のサイクルは、生えている場所によって違いがあります。Vラインに生える毛の成長サイクルは、毛穴の毛母細胞が活発に細胞分裂をし、毛が成長する「成長期」は1年から2年です。成長が止まった毛が自然に抜け落ち、しばらく休む「休止期」は、1年と言われています。このように成長期と休止期を繰り返し、伸びていきます。
毛の成長のサイクルを「ヘアサイクル」(毛周期)と言いますが、エステティックサロンや医療機関では、この毛周期を計算してくれる時もあります。この毛周期を計算せずに脱毛したために、高いお金を払って脱毛をしても、その効果が半減してしまったという場合もあります。自分の体のことですので、自分で計算することも大切かもしれません。
脱毛したい毛を「ムダ毛」とも言いますが、体毛はいろいろな働きを持っており、ムダな毛は、本来1本もありません。Vラインの毛は、外からの摩擦の保護や、性器の保護をするために生えています。

スポンサードリンク

vライン 脱毛と永久脱毛

vライン 脱毛で、毛量が多い人にオススメなのは、美容外科やエステティックサロンでの「永久脱毛」です。
Vラインはデリケートなところなので、脱毛クリームや除毛クリームを使用した時やカミソリで剃ったときのデメリットを考えると、Vラインには、永久脱毛の方法が良いと言えます。
毛は毛周期というサイクルで生え変わっていますが、現在、生えている毛は毛穴の数の3割ぐらいとされていますので、永久脱毛をしても全部の毛がなくなるまでには約4回から5回の施術が必要となります。Vラインに生えている範囲や、毛の量などによっても回数は変わってきますが、平均で1年程度、毛の多い方では2年くらいかかってしまいます。
vライン 脱毛は、数年前と比較して、値段的にも安くなりました。美容外科やエステティックサロンで脇の脱毛をした後に、vライン 脱毛をする女性が増えてきているのも、値段の安さと関係しているのかもしれません。vライン 脱毛とともにIライン 脱毛もできる美容外科やエステティックサロンが増加してきています。また、フラッシュ脱毛や光脱毛など、永久脱毛にも種類が増えてきています。
vライン 脱毛は、美容外科やエステティックサロンによって、1万円から5万円と値段に幅があります。vライン 脱毛する前に、ドクターの技術や価格などの関係も調べておくと良いでしょう。

vライン 脱毛とOラインやIラインの脱毛

Vラインの光脱毛やレーザー脱毛の施術をした時、OラインやIラインの脱毛もいっしょににするという方が増加しています。
vライン 脱毛だけでなく、OラインやIラインの脱毛が人気を集めているので、エステティックサロンによっては、セット価格で表示されている時もあります。当然のことですが、もちろん、別料金として設定しているエステティックサロンもあります。一般的なエステでは、Iラインの部分は粘膜に近くデリケートなため、施術をしていないサロンもありますので、事前に調べておくといいでしょう。
Iラインの脱毛は、1年間に6回ぐらい施術すると、たいていの人が毛が薄くなると実感できるようです。IラインやVラインは、光脱毛やレーザー脱毛で永久脱毛するのが一般的ですが、Iラインの部分は毛が濃く、粘膜に近いため、色素沈着していて、皮膚も薄い場所と言えます。そのため、施術の時に感じる痛みは、Vラインよりもさらに強く、細い注射針を数本も刺されているような痛みを感じる人が多いようです。美容形成外科では麻酔を使うことが可能なので、痛みに弱い方はエステティックサロンよりも美容形成外科に行かれるといいでしょう。
VラインやIラインの永久脱毛をすると、生理中の痒みや臭い、蒸れが気にならなくなるなど、衛生面での不快感が無くなると言われています。また、水着や下着の形やデザインを気にする必要がなくなるので、Tバックなどのセクシーな下着を身につける方々に人気があります。

Copyright © 2007 vライン 脱毛